出来ないことは考えない|相模原市橋本で総合的な歯科治療なら原歯科医院へ

相模原市橋本の歯医者さん原歯科医院

FACEBOOK

0427799877

お問合せ

診療時間 9:30 ~ 12:30/14:30 ~ 19:30 ※土曜日は18:00まで。木・日・祝日休診

院長コラム

images

出来ないことは考えない

院長コラム 2017年05月14日

日々 歯科治療を通して患者の皆さんとお話させて頂いていると、

「本当は、頻繁に腫れる親知らずを抜いて欲しいのだけど、今、授乳中なので、抗生物質を飲まなければならなくなる様な外科処置は避けたい。」
「忙しいので、きちんと歯磨きしている時間が無く、困っている。」
「お客さんが来るので、お付き合いでどうしても甘いものを食べてしまう。」
「仕事のストレスがひどく、暴飲暴食してしまう。節制が出来ない。」

などと、諸般の事情により“すべき事が出来ずにいる”ことについて思い悩んでおられる方に多く遭遇します。

それぞれの事情をお聞きすると、「たしかにそれでは仕方がないなぁ。」と思えるケースも多いですね冷や汗
(中には、「そんなのタダの言い訳じゃん。」と思っちゃうご意見もありますがボケーっとした顔

そういった事でお悩みの方からは、大抵の場合、そのお悩みの訴えの次に
「こういった訳で○○が出来ないので、××になってしまいそうで困っている。(例:忙しくて歯磨きが出来ないので、虫歯だらけになりそうだし、口臭もひどくなって来て困っている。)どうしたら良いでしょう?」
という様な質問(相談)が発せられます。

皆さんはどうしたら良いと思いますか?

「妊娠出産の前に、きちんと治療を受けて危ない箇所を無くしておけよ。自業自得だよ。」
「歯磨きの時間くらい、何としてでも創り出せよ。」
「いくらお客さんが来ても、その度に甘いものを付き合わなくても大丈夫じゃん。」
「仕事のストレスに負けない精神を作れよ。」

なんて答えれば良いのでしょうか?

これでは、何の解決にもなりませんよねあせあせ
悩んでいる方の反感を買うだけ、互いに嫌な気持ちになるだけNG

では、“どうしても出来ない”という「原因」になっている事柄が自然に消え去るまで、“出来ない事によって引き起こされる可能性がある困った事”について心配し続ける?

→これも、何の発展性もありませんよね。むしろ、心配し続けることで、かえってそういった困った方向に身体は向き始めてしまう可能性さえありますよねふらふら

じゃあ、どうすれば良い?

現段階での私の見解を以下に・・・ウインク

「出来ないことは考えない。出来ていないことは無視しちゃう。」
これです指でOK

もちろん、《何らかの原因ですべき事が出来ていない》という現状があるときには、その原因になっている事が簡単に除去(解消)可能かどうかは、一度は考えてみるべきです。
そして、簡単に除去(解消)できる原因である場合には、サッサと除去(解消)しちゃいましょう。
でも、「どうしても、現段階では除去(解消)は困難」と思われる原因であった場合には、それによって引き起こされる可能性がある“困った事”については考えるのを一切放棄しちゃう。

そして、(ここからが大事ですよ~わーい(嬉しい顔)
「とりあえず何が出来そうか?」
を考えるのです手(チョキ)

例えば、授乳中で抜歯が出来ない(外科処置&服薬を避けたい)ケースであれば、
「授乳中の期間、如何にして腫れず痛まず過ごせる生活をするか?」
を考え、実践する、とか、
どうしても歯磨きの時間が捻出出来ない場合であれば、
「歯磨きをしなくても虫歯や口臭が発生しにくい食餌ってあるのだろうか?」
「歯磨きに代わる虫歯・口臭予防法ってあるのだろうか?」
などについて考える、とか、、、

スペースの関係で(ホントはそんなのカンケー無いけど・・・。ただ、“もうこれ以上書き連ねたくなくなっちゃった”事について考えるのをヤメただけだったりしますあっかんべー)、他のケースについては割愛しますが。。。

とにかくexclamation ×2
病気に限らず、いろいろな事で行き詰まっちゃったとき、その行き詰まった原因について いつまでも考え込まずに、また、そのまま出来ずにいることで行き着く“地獄”をタダタダ怖れ続けるのはヤメて、
「じゃあ、今、何が出来るのか?」
を考えて、出来る事をやってみるのが宜しいかと・・・。
また、
「こうなりたくない。こうなるのが怖い、困る。」
にフォーカスするのはヤメて、
「ま、いろいろあるけど、とにかく、こうなりたいなぁ。」
なんて風に考えてみませんか?

前向きな考え方をして、“まず出来る事”を着実に実践される皆さんを、
ワタクシ、全力で応援したいと思います手(グー)

ページトップへ